2017年05月17日
2017年01月14日

皆藤愛子 ロリ系卒業! 美乳出しヌードの次は全裸か

1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 21:54:03.45 ID:CAP_USER9.net

 皆藤愛子(32)が、ロリ系卒業を決意した!
 皆藤は、12月発売の『週刊文春』の巻頭グラビアに登場。“元祖ロリアナ”の名にふさわしい美少女顔のドアップに始まり、美乳を突き出した寝姿を披露するなど、お色気披露に周囲は騒然となったという。
 「ネットでは『いい味に熟している』と評判です。大人なのに、いつまでも子供っぽい雰囲気が、男心をくすぐるそうです。まさに、ロリアナ界のブランドとして君臨する逸材でしょう」(女子アナライター)

 彼女は早稲田大学在学中の'05年、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)のお天気キャスターとしてデビュー。一躍、人気者となった。
 「お天気コーナーに彼女が出ると、視聴率が1%上がるといわれたほど。可愛いだけでなく、少女らしい小ぶりの美乳もまた、タマらない魅力。サラリーマンのおじさんが、テレビに映る彼女の“ロリ美乳”を見てから出勤するなんていう現象も起きたんです」(テレビ雑誌編集者)
 局アナの経験はなく、フリーとして活動すること10年以上。皆藤の朝の美乳に、おっさんたちが元気をもらっていたとは、いかに彼女が支持されているか、人気の証明でもある。

 そんな皆藤といえば、男性経験がないと言われていた。しかし、
 「テレビ東京系のスポーツ番組『FOOT×BRAIN』で、唐突に『彼氏とは結婚までいかなくても…』『みんな1年持たないんです』と、経験があることを告白したのです。処女を信じていた世の男性陣は、一同に落胆。しかし、確かに『週刊文春』のグラビアを見る限り、体は熟し切って、もてあましている感じ。今後は“非処女ロリ”で人気を集めそう」(グラビア関係者)

 今回のグラビア出演で、密かに噂になっているのが、ヌード披露説だ。
 「最近、彼女にさらなる魅力が加わった。それはおっぱいの成長です。以前は、Aカップといわれていたのが、Cカップ級はあると話題になっています。おそらく今回の美乳出しグラビアはヌードへの布石。近いうちに、全裸を発表するのではないかともっぱらなのです。グラビアしかり、テレビでの非処女発言は、彼女自身、今までのロリ系イメージを払拭したいという一つのアピール。実現の可能性はありますよ」(同)

 愛子人気は不滅。

http://wjn.jp/article/detail/9417170/
http://images.wjn.jp/article/70/9417170_1.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 皆藤愛子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月25日

すでにパンチラマスターの域 皆藤愛子が見せつけるデルタゾーンの魅力

1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 22:20:06.96 ID:???*.net

いまや“パンチラ様”、“パンチラクイーン”との呼び名も高いフリーキャスターの皆藤愛子(31)の勢いが止まらない。
視聴率1%程度の深夜番組を2〜3倍にアップさせる皆藤マジックが爆発しっぱなしだ。
 皆藤キャスターと言えば、ミニスカ奥でパンチラするのが定番となってきているため、
ネット上では皆藤キャスターのことを『▼』という記号で表すようになってきている。

 皆藤は10月下旬、『週刊報道 Bizストリート』(BS-TBS)に極端に黒いタイトなミニスカートで登場。
そのため、ソファに座るだけでミニスカの奥までくっきり。さらには、ノースリーブだったため脇チラも連発。
そのサービス精神たるや、見事としか言いようがない。
 「いま女子アナウォッチャーの間では、ちょっとふくよかなアナの脇をキャプチャーするのがトレンドです。
でも、皆藤さんは細身なので、ノースリーブで脇をギュッとしめても、肉が余らずに脇の周辺が盛り上がらない。
ふくよかな女性だと、脇の肉が盛り上がったときに、パイパンの女性器のような“脇マン”が表れる。
しかし、皆藤さんは“脇マン”が出ない分、毎週どころか出る番組の全てでパンチラを仕込んでくるからすごい。
ここでは皆藤さんの細身が好作用していて、脚を閉じても太ももがくっつかないため、スカートの奥まで見えてしまう」(女子アナウォッチャー)
>>2 以降に続きます )

週刊実話|掲載日時 2015年11月02日 20時00分 [女子アナ]
http://wjn.jp/article/detail/1238157/


続きを読む
posted by まだおっち at 19:00 | Comment(0) | 皆藤愛子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする